上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今回の目的地はRedlands CAとMarana AZ。アリゾナ行ってきます。
名目は室屋さんのトレーニングキャンプの手伝いと言う事になりますが、
見て盗める物はなんでも持って帰ってくるつもりです。早いところ自分も加われるようにならねば。
約1週間ほど行ってきます。
2013.02.03 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
では、前回の続き。
今年の流れをざっと書いておきます。
去年に比べると既に色々あった気がします。
2012.08.21 Tue l 日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
凄まじくご無沙汰更新になりましたが、無事に生きてます。
2011年の全日本曲技飛行競技会以降全くもって音沙汰がなかったわけですが、何もなかったわけでもありません。
かいつまんで流れを書いておこうかな、と思います。
2012.08.18 Sat l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
未だにこんなんあるんだなー、と言う事が昨日あった。
いわゆる、ネズミ講、マルチ商法の類の勧誘。タチが悪い事に同僚からの誘い。

ビジネスの話があるんだけど、と言われたので説明を求めると
「上手く言えないから取りあえずセミナー(っぽいもの)に来い」と。

その時点で『アホかこいつは』と思ったけど、軽く流し、数人で話を聞いてみるものの
どこからどう見ても完璧なマルチ。アメリカにこう言った物が残ってる事にむしろビックリ。

まぁ、数字に弱い人が多い国からなぁ。騙される事に慣れてない人も結構いそうだし。
サイトもある模様。もっともらしく話を作ってあるけど、穴だらけで逆に笑えた。

日本でもまだあるっぽいね。
ティエンズとかアムウェイとかその辺の名前を聞いたらご注意を。
2010.08.21 Sat l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近ちょこちょことビジネス書(?)っぽい物を読むようになってようやく
自分には経済的な思考能力が無い事に気付けてきた。

知ってる人には当たり前なんだろうけど、今日は72の法則について少しだけ。

『72の法則』は元本が2倍になるまでの時間を出すための方法で、
72を資産利回りで割った数がかかる年数となる法則、と言うか計算式。
ここで言う利率は複利。

例1:100万円を年利3%で200万円にする場合、72÷3=24年間かかる。
覚えてしまえばなんて事のないことなんだけど、これを現在の利率で考えると
例2:利率0.5%(実際もっと低いけど)なら100万円が2倍になるまで144年。

2010年現在の日本の定期預金利率のデータっぽい物があったので貼っとく。
最新版!定期預金 金利比較/人気ランキング 2010』さん
ここに出てくる中で最も高い利率0.8%でも2倍にするまで90年。
貯金だけで年間支出を賄おうと思ったら…いくらいるんだ、これ。

定期預金で年利数%あった時代ならまだしも、
今の世の中貯蓄だけで資産形成は出来ないと言うか時間がかかりすぎるのが分かる。

今からでも出来る事やらないとなぁ。
2010.08.20 Fri l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。