上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先週の話になりますが、California州Delanoで行われた曲技飛行競技会の際に無事にジャッジの資格を取得することが出来ました。
取得したのはInternational Aerobatic Club(IAC)のRegional judgeと言う資格です。
現在認可されている人数が170人前後しかいないレアな、と言うよりマイナーな物ですが、競技会の際に審査員をするためにはこの資格が必須です。
余談ですが、現時点でリストアップされている日本人は自分を含めて2人。"全米"170人中日本人が2人と言うのは確率としてもかなりの物ですし、日本人の関心が他の国に比べて高いとも言える(?)かもしれませんね。

取得をする為に満たさなければならなかった事項としては
・IACのメンバーである事。
・IACの主催するジャッジスクールに参加する事。概ね2日間のコースです。
・IACの主催する競技会において、アシスタントジャッジを経験する事。
 内容は最低40フライト分、そのうちAdvanceかUnlimitedが10フライト分以上
・IACのウェブサイトで筆記試験を受け80%以上のスコアで合格する事。
・IACのジャッジ2名(そのうち一人はNational judge)から口頭試問を受け合格する事。

となります。
内容としてはそれほど難しくないと言うのが自分の印象ですが、如何せん競技自体がマイナーである事と知名度の低さから受験する人数そのものが非常に少ないと言うのが現状かな、と思います。

いずれにせよ、来月の全日本に向けて取るべき資格は取ったので後は帰国を待つばかりとなりました。
2012.09.11 Tue l 航空宇宙 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://windynight2.blog121.fc2.com/tb.php/32-a8b8f2fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。